イタチを知る|イタチ駆除は資格を持った専門業者へ

後始末もしっかりと

家

清掃や消毒

イタチ駆除は、イタチを建物から追い出すことで終了するわけではありません。イタチを追い出すことができたとしても、建物の内部は、イタチによる被害が残っている状態です。その後始末をしっかりと終えることで、初めてイタチ駆除は成功したと言えるでしょう。具体的には、まずはイタチの巣を見つけ出して清掃します。イタチは天井裏の断熱材をほぐしながら穴を作り、そこを巣とすることが多いです。巣の中には、台所から盗んだ食べ物が入っていることが多いので、それらをしっかりと除去した上で、ほぐれた断熱材をまとめたり、必要があれば取り替えたりします。また巣の周辺にはイタチがトイレとしている場所があるので、そこからは糞を除去するといいでしょう。清掃が終われば、巣やその周辺を除菌スプレーなどで消毒します。こういった作業により建物内の衛生状態が良くなれば、イタチ駆除はひとまず完了です。

近寄らせない工夫

また、イタチを追い出したり、掃除や消毒をしたとしても、再びイタチが建物に侵入することもあります。こういったことを防ぐためには、建物自体に手を加えることも必要です。イタチは屋根や壁の亀裂などからでも器用に建物内に潜り込んできます。したがって侵入を防ぐには、そういった箇所を見つけ出した上で、パテや木材などで塞ぐことが効果的です。しかし、亀裂を塞いだとしても、窓を開けた隙などに侵入してくる可能性もあります。それを食い止めるには、そもそも建物の周辺にイタチが寄ってこないようにすることが必要です。このようなイタチの駆除作業は、業者に依頼することが大切です。業者は駆除の専門家なので、効率的にイタチを追い出してくれます。人によっては、自宅に急に出現したという方もいると思います。急な駆除依頼に対応するために、一部の業者では24時間受付を行なっているところがあります。被害に遭えばいつでも、業者に依頼することができるので安心です。また、もし飲食店でイタチが出現した場合、衛生面で周囲からの評判を落としてしまう恐れがあります。そのため、業者によっては依頼者のプライバシーを守るため、業者と分からない服装で駆除を行なうサービスをしているところもあります。