イタチを知る|イタチ駆除は資格を持った専門業者へ

快適な生活環境を守る方法

男性スタッフ

捕獲以外の方法を考える

迷惑なイタチを駆除するには、捕獲以外の方法を考える必要があります。イタチは、家やお店に侵入して食品があるところを荒したり、ねずみなどの小さな動物を餌にして生活しているようです。壁の上り下りや泳ぎも得意で、すばしっこく、天井裏や床下に住み着くことが多いと言われています。走り回るような音が聞こえたり、臭いがするなどの被害が多いです。アレルギーや様々な病気の発症のもとになるので追い出す必要がありますが、イタチの捕獲は禁じられているので捕まえられません。イタチ駆除をする場合は、イタチ自ら出て行ってもらうようにする必要があります。イタチは警戒心が強いので、行動範囲が人間に知られると危険を察知して出ていくのです。そのため、イタチが居そうなところに忌避剤やイルミネーションなどで使われる電球など光るものを置くと効果的です。

追い出せない時の対処法

イタチ駆除をしてもイタチがなかなか出て行ってくれないような場合は、住まいがある市町村の担当する課に問い合わせて許可を得ることが大切です。事情をしっかりと説明すると、状況に合わせて許可証が発行されたり、捕獲器を貸してくれます。イタチ駆除を行ったにもかかわらず、変わらず被害を受けるようであれば、一度担当の課に連絡を入れてからまた対策を考えるようにしましょう。また、役所以外では害獣駆除を専門にした業者に依頼することもできます。業者は専門的な知識と技術を持っているので、効率的にイタチ駆除を行なってくれるのです。